ブログ

Webinar on Tea Culture 茶文化交流

Webinar on Tea Culture 茶文化交流

【Webinar on Tea Culture 茶文化交流】 北京市主催の国際茶文化WEBイベントにて、「伝統と革新」をテーマに、茶道の歴史、茶室の魅力、禅庵の活動についてお話しをさせて頂きました。前日に各国代表も参加してリハーサルもある思いのほか規模の大きな公式なイベントでした。

渋沢栄一の茶室「無心庵」

渋沢栄一の茶室「無心庵」

北区飛鳥山にあった「無心庵」 渋沢栄一翁の茶室「無心庵」明治12年 設計は益田鈍翁の弟益田克徳氏 四畳半台目の小間、裏千家の寒雲亭を思わせような天井デザインに台目点前座のある使い勝手の良さそうな粋な茶室である。 この茶室は伊藤博文、井上馨など諸侯を招いて徳川慶喜公の大政奉還を了解せしめた席でもある。まさに戦国の利休と秀吉の関係のような茶室から歴史が動いた時代です。 昭和24年発刊の著者江守奈比古•旭谷左右「茶室」より

禅庵&中国資生堂CMコラボ

禅庵&中国資生堂CMコラボ

資生堂フーチャーソリューションLX&禅庵茶道 2021年3月17日12:00〜17:00 心療庵(富田邸)にて撮影 日本建築の中でも茶室は特殊な空間です。4.5畳を中心にそれより狭い空間を「小間」広い空間を「広間」といいます。特に小間は禅の精神が深く関わり心を静め五感を研ぎ澄ませます。よく茶室を「市中の山居」と言われますが、街中にいながらも里山の自然の中にいるような空間を良しとし、光(視覚)・香(嗅覚)・音(聴覚)を敏感に感じ、さ...

天ぷらあら川大反響!

天ぷらあら川大反響!

2月11日オープンした天ぷらあら川が、一ヶ月たって旧店舗から比べて来店者数が3倍に増えたと店主から嬉しい報告いただきました。11時30分開店ですが、11時前から並んでいるようです。緊急事態宣言中で夜8時で閉店のなか非常にありがたいことです。 店舗でありながら茶室と同じ技法と仕様で作っているので是非一度訪れてみてください。 現在お店のホームページも作成中ですので、店舗詳細はまたそちらでお伝えいたします。 天ぷらあら川HOUZZ

【天ぷら「あら川」2月11日オープン決定!】

【天ぷら「あら川」2月11日オープン決定!】

【天ぷら「あら川」2月11日オープン決定!】 東十条で40年間営業してきた老舗「あら川」が、この度ビルの建て替えを機に赤羽に店舗を移転! 茶室や住宅の依頼が多いなかで珍しく店舗を設計。プライベート空間とは違い多くの皆様にご覧いただけますので、赤羽に来たら是非お立ち寄りください。 東京都北区赤羽2−7−2  03-3912-1430 ※まだ工事終わってないのでイメージパースです!

Autumn leaves wall

Autumn leaves wall

[Freshly made plasterer's autumn leaves wall] I tried to embed autumn leaves

左官紅葉壁

左官紅葉壁

【出来たてほやほやの左官紅葉壁】 現在施工中の店舗の壁に紅葉

一穂堂地下茶室の展示

一穂堂地下茶室の展示

銀座一穂堂の地下に設計させていただいた茶室「具庵」での、現在開催中の「鞆岡隆史・鈴木祥太 二人展」が非常に評判のようで嬉しい限りです