ブログ

渋沢栄一の茶室「無心庵」

北区飛鳥山にあった「無心庵」
渋沢栄一翁の茶室「無心庵」明治12年
設計は益田鈍翁の弟益田克徳氏
四畳半台目の小間、裏千家の寒雲亭を思わせような天井デザインに台目点前座のある使い勝手の良さそうな粋な茶室である。
この茶室は伊藤博文、井上馨など諸侯を招いて徳川慶喜公の大政奉還を了解せしめた席でもある。まさに戦国の利休と秀吉の関係のような茶室から歴史が動いた時代です。
昭和24年発刊の著者江守奈比古•旭谷左右「茶室」より